どんなに重い障害があっても、「わが子が京都の街で、市民の一人として、当たり前に暮らせること」を願って、父母の会は60年前に結成されました。

 障害があるということで、人としての尊厳が踏みにじられた時代から現在まで「障害があっても、わが子の人生が幸せであってほしい」との、親の不変な願いを実現するための様々な活動は、多くの方々のご支援をいただきながら前進してきました。

 今後も「障害が理解され、障害児者が安心・安全に豊かな生活ができる社会」を目指して歩んでいきたいと思っています。

 共に活動して下さる方のご参加をお待ちしております。

公益社団法人 京都市身体障害児者父母の会連合会
会長 渡辺 登志子